まわるフリフリのフリ
FLFL
フリフリのMac mini ミニ大作戦! ― 連載第7回

驚愕!省エネマシンMac mini の電気代削減効果

2005年5月31日

 実はひそかに期待していたMac mini 導入による月々の電気代の削減効果。先日ついに東京電力の検針結果が郵便受けに‥。おおおおおっ!その驚愕のエコ効果とは!!やっぱMac mini 最高(←親バカ)。

 先月からようやく仕事が一段落して、世間並みに週末に休みが取れるようになった。すると基本的にインドアな生活を送っている僕は自宅にいることが多くなり、必然的に電気をよく使うことになる。つまり電気代がアップするのだが、実はひそかに期待していたことがあった。Mac mini はたぶん、電気代が安い。その静寂さが「電気代かかってなさ」を醸し出している。何かと話題になったミニだけど、消費電力に注目していた人はさほどいなかったのではないか。数少ないMac 関連雑誌の一つMacPeopleの4月号では、G5とミニの消費電力について比較した記事が掲載されていたのだけれど、この内容がかなり興味深いもので、Mac mini のセールスポイントである「安い・小さい」にもう一つ「省エネ設計」を是非加えるべきだと思える結果だった。

 そして先日ついに、東京電力の検針結果が郵便受けに放り込まれていた‥。やっぱ電気代下がってるじゃん!

 では直近3ヶ月分の電気代を比較してみる。ま、金額的に社会人独身男性一人暮らしの範疇ではあると思う。ちなみに僕はテレビを持っていない。

直近3ヶ月の電気代推移
●2月24日~3月24日分 5,616円
ミニ購入前、G4 MDDだけ使用していた期間。なおかつこの時期は非常に多忙で、自宅にいる時間は極端に少なかった。ちなみに花粉舞う頃、暖房器具はもう使ってなかったと思う。

●3月25日~4月25日分 4,864円↓
ミニ到着後、G4 MDDからの作業環境移行期間。前半2週間ほど併用し、後半はミニだけ電源を入れていた状態。

●4月26日~5月26日分 4,006円↓
完全にMac mini オンリー。付け加えれば、仕事が落ち着いて自宅にいる時間が倍になったにもかかわらずこの結果。

 これは驚きだ。ミニを導入したことによる省エネ効果は、まあ多少の誤差はあるとしても、電気代にして約1,600円という巨額なものになったのだ!凄い!ミニが58,000円とすると、約3年で減価償却できてしまうのだ。1,600円あったら何が出来る?単行本1冊買えちゃったり、安い輸入CDだったり、もしくは映画鑑賞に使えたり、妻子持ちなら月に一度、家族に何かおみやげでも買って帰れちゃったりする金額だ。そして家庭円満。

 どうせなら電源も太陽発電パネルとか風力発電なんかから供給したいな‥。結構楽しくてハマるかも。

 地球に住まう人が、これからの時代を生き抜くためのキーワード、省エネ。ブ~ンとうるさい電気大食いマシンの傍らで、ミニの購入を迷っているエコな諸氏には再検討を後押しする有力なアピールポイントではなかろうか。今年の夏も暑くなりそうだけど、ミニの発熱量は小さいよ~。

 次回はお約束で『大予想、WWDCの中心でジョブズは何を叫ぶ?』