まわるフリフリのフリ
フリフリのMac mini ミニ大作戦!

FLFL

フリフリのMac mini ミニ大作戦! ― 連載第23回

僕とminiと秋葉原

2005年8月30日 

 大容量HD&ジャンク物を求めてアキバへ。久々に訪れた秋葉原駅周辺は、全く予想外の変貌を遂げていた。どうなる秋葉原?それはさておき、パーツ類をかなり購入したので、これからが楽しみですハイ。

豹変、秋葉原

 最後に秋葉原へ行ったのは春ぐらいだったっけ?というくらい久々の秋葉原。まずホームへ降りて駅構内に入ると、内装が新品で真っ白になっていて、な~んか小綺麗になっていて、初っぱなからオタクなアキバイメージ崩壊。その本気具合に驚いた。

 電気街口の改札を出ると目の前に聳え立つ秋葉原ダイビル。大学とかコンベンションホールとか入るという話(地上31階。見上げると首が痛い)。ある意味、欲望の街でもあるアキバのど真ん中に大学とは…。詳しくはココ

 記事ネタと思って写真を撮る。で、ゆっくりカメラを下げていくと‥、何やら女の人が歌を唄っている。

 女の人が、簡易PAセット(というかカラオケ機器?)を自分でセッティングして熱唱していた。歌手かタレントさんだろうか。ちゃんとファンのみなさんも10名以上いて、歌に合わせ手拍子。
 何か、ほのぼのとしていて良かった。こういう風景も、どういうわけか「風情があるなあ…」と思えてしまいます。時代の変遷を感じる。ガンバレ、歌をうたってた人。この時はまだ「つくばエクスプレス」開業前だったので、そちらの方はどうなってるのか不明。また改めて。

激震の9月16日

 つくばエクスプレスに負けないくらい秋葉インパクトがあると思われるのが、ヨドバシ「AKIBA」ビル。駅のホームからもこのビルは見えるんだけれど、やたらデカくて、その存在感だけでインパクトがある。来月16日オープン予定ということだけれど、昔からある秋葉原ラジオセンターに入っている店舗のみなさんは大丈夫だろうか、共存していけるのだろうか‥、なんて余計な心配をしたりして。

 驚きはまだあって、そのヨドバシ「AKIBA」ビル7階にタワーレコードが入るらしい。アキバにタワレコ‥違和感ひしひし。ちなみに16日~25日はオープニングセールでWポイントらしいので、もしかしたら出かけてしまうかもしれない。土地柄、アニメ系CDに力を入れていたら笑う。

 秋葉原のイメージも10年前とは確実に変わってきている。街ってこうやって生き延びていくんだな。しかし小綺麗になっていくのはどうなんだろ?まあ、外観はともかく、秋葉原らしいマニアックさは失って欲しくないなあ~。個人的には九龍城砦(ガウロンセンチャイ/クーロンジョウサイ)みたいなテイストが好きなんだよね(もちろんそこまで酷くないケド)。

早速買い物

 2005年秋葉原の新しい顔レポートはそれくらいにして、早速従来のパーツ安売り店が並ぶ方角へ。こういう買い物も久々だけど、電器パーツを買うときって、CDや本を買うときのようなワクワク感ってあまり無いんだよね‥。不思議。僕の場合、こういうパーツは「消耗品」という感覚があって、基本的に必要なければ買わなくていい、という気持ちがあったりするので、それが原因かも。電器パーツの買い物には、”ショッピングを楽しむ”という感覚は無いね。自作PC派ではないので当たり前か。

 てなわけで、早急に必要なもの・今後必要になりそうなもの、を探し求めてブラブラ。まずはHDをあれこれ物色。

 今回の買い物の目的だった大容量内蔵HDは、 DiamondMax 10の300GB(6L300R0/B)にした。 キャッシュ16MB、7,200rpm。たぶん、これで所有CDは全て保存できるハズで、頭の中の計算では新たに追加50枚くらいCDを買っても対応できる、‥と思う。250GBだと容量ギリギリな感じがしたので。新品17,400円ナリ。

 次はもう一つのお目当てだったトレー式の光学ドライブ。運の良いことにG4 MDDに内蔵されていたApple純正のDVD-ROMドライブを発見。即購入。中古3,980円ナリ。

 これで本来の目的は果たしたんだけれど、しかし、それら以外にもいろいろ買ってしまった‥。見事アキバ欲望の罠に嵌った。表向きの顔は優しい表情に変わっても、この街の裏の魔力は健在。来月以降に2台目のミニを購入すると予告しているので、それを見越して1GBのメモリを購入。先月末くらいまでは12,800円だったのに、気付けばいつの間にか13,480円に値上げしている。今後も値上げする気配がしたので早めに買っておく。

さらに罠に嵌る。

 7,200rpmの2.5inch内蔵80GB HD、キャッシュは8MB。日立の HTS721080G9AT00ってやつです。たぶん現時点で最速モデル。ミニに内蔵させてどれくらいのパフォーマンスを見せるのかテストしてみたい。新品23,980円ナリ。

 オマケに センチュリーの2.5inch USB2.0 HDDケース「Speedzter Little」 CSL25U2を購入。これは2.5inch HDを収納して外付けHDとして使えるケース。新品2,289円ナリ。その他にもテスターやら電源ケーブルやら小物をいろいろ買う。ちょっと財布の紐緩ませ過ぎた感じがする…が、後悔はしてない。そんな感じで2時間弱の滞在でオヤジの体力はもう限界、帰途につく。来月16日以降にまた来るかも。

ミニ用外付けHDケース

 今回300GBの内蔵用HDを購入したわけだけど、HDケースは秋葉館のものを換装するんではなくて、実は先にミニ用のものを取り寄せておいた。M9 Mac mini POD。背面にUSB2.0とFirewireのハブがあって便利。300GB HDはこれに装着して、先に変換したCDの音声データをコピーすることに。これはVintage computerさんから輸入で新品12,980円(+送料)ナリ。

 このM9購入後に、OEMされた全く同じ製品がプリンストン・テクノロジー株式会社から発表された。型番はPEC-MMIUH。そちらの方が1万円弱で販売されているので、ケース購入を検討している場合はそっちで。同じタイミングで他社からも色々なミニ向けHDケースが発売されました。

 さあ、こんな感じでHD周りのパーツが充実。近日、まとめてHD比較特集を組む予定。その前に「iTunes変換作業、その後」かも。