まわるフリフリのフリ
FLFL
放談ラジオ ― 連載第106回

フリフリはサプリがプラセボ(なんちゃって認知症対策)

2015年12月29日

 今年は前半から盛大に色々な体調不良が重なって苦労が絶えなかったのだけれど、一番厄介なのが「頭がぼんやりしてきた」という事。これはもしや若年性アルツハイマーとかそんな類いのものかも知れぬ…と思い色々調べたのだが、今のところ「仮にそうだとしても付ける薬はない」ということらしく打つ手が無い。急激にシナプスの接続が悪くなったという感覚を客観的に自覚出来ているという状態はまだ幸せな方なのか、例えばこの本を買おうかどうしようか…と考えていたとき、その表紙や内容は思い出せるのにタイトルのキーワードでもある『ハーモニー』が全然出てこない。ここで安易にネットで調べたら負けだと思い、ずっと考え込んでいたら1時間ほど経って突然駅のホームで思い出したりした。

 またつい先日のこと、近所の本屋で目に入った『私的読食録』をペラペラめくっていたら、『死刑囚 最後の晩餐』に触れている箇所があり、この本は以前確かに読んだ記憶があるのだけれど、さて、その本を実際に所有しているのかどうかさっぱり思い出せない(レジに運んで購入したという記憶が無い)、という状況になった。もしかしたら何かの雑誌に載っていた書評を読んだ記憶が、原典を読んだ事があると勘違いしている可能性もある。そんな例はここ最近、枚挙に暇がないほどとなり、今もそんな状態が続いている。

 身体の不調も記憶力の低下も、とにかく今の自分は「脳味噌」がやばい。でも薬はない。そこで、まずは生活習慣を変えることで何かしら改善されればラッキーかも、と考え、下記サイトにざっくり目を通したりした。

外部サイト参考記事
認知症と生活習慣病の関係(認知症ねっと)
認知症と脳のトレーニング(認知症ねっと)

経口で手抜き

 体調が悪いから運動しなくなったのか、運動しないから体調が悪いのか、なかなか答えは出ないが、食べないから運動出来なくなったとも言えなくもない。現状、確かに言えるのは「食欲が減少した」という事で、一日2食で特に不満も無く、それぞれの食事の量も以前と比べたら3割減。各種栄養素も足りてないに違いなく、まずはお手軽にサプリメント系でも摂ってみようかと思った。

明治「LOLA」

 サプリメント系をスーパーや薬局で探してみて、初めてその品々の豊富なことに驚く。様々なメーカーが多種多様なサプリを出している。これまでディアナチュラ(Dear-Natura)など色々試してみたのだけれど、一体この一粒二粒を摂取することでどれほどの効果が得られるのかというとかなり疑わしい。それを飲んでいるから今の自分がある!とは確信できないまま、しかし一つ学んだことがあって、それは「錠剤を飲み込むのは辛い」ということ。

 エイズが話題になりはじめた頃、感染した患者が一日に飲まなければならない錠剤が数十錠にもおよび、それを毎日欠かさず飲み込むのがとても苦痛である…というインタビューを見たことがあるのだけれど、当時はなかなか実感出来なかった錠剤を大量に飲む辛さがよく分かるようになった。

 そこで明治「LOLA」である。これは他の商品と違い、味付けも食感もほとんどキャンディーである。これに出会ってからというもの(効果はさておき)、毎朝出勤前に「サプリを食べる」ことが楽しみになった。現在は状態に合わせローラ 鉄+葉酸 150粒ローラ マルチビタミン 150粒ローラ カシス&ブルーベリー 150粒を好んで食している。

ココナッツ・オイル

 少し前にラジオで耳にしたココナッツ・オイルの効用。一体どういう仕組みなのかさっぱり分からないが、老人のボケ進行を抑制する効果があるとか無いとか、それホントだろうか。上の認知症ねっとによれば「脳の重さは体重のたった2%なのに、エネルギーは身体の20%も必要」。つまり常に大量のエネルギーを消費しているデータセンターみたいなもので、その電源として「余分なものが一切ないただのエネルギー」というココナッツ・オイルはベストな供給源なのかもしれない。これまで食べた事なかったけれど、ここは試してみようと思い幾つか順に品を替えて摂取してみた。スプーンですくって初めて口にしてみたら、なるほどココナッツの風味がしないでもない。しかし確実にこれはオイルで、当たり前だがプレーンで飲み込んでも美味くも何ともない。今は淹れ立ての珈琲に混ぜて飲んでいる。これまで試してみたのは次の3品。

JASオーガニック認定 <濃厚> バージンココナッツオイル 有機認定食品 500ml 低温圧搾一番搾り
Vita Coco ( ビタココ ) エクストラ バージン ココナッツ オイル 250g
紅花食品 有機 ココナッツオイル 160g

1本満足バー、ただのチョコ好き

 昔は仕事の合間に小腹が空いたらスニッカーズなんかを食べていたけれど、少しでも栄養のありそうなモノを…と思い、最近は1本満足バー シリアルチョコを好んで食している。お菓子屋さんで箱買いした時、店長が「そうですよね、仕事疲れた時なんか、これを食べたくなりますよね!」とニコやかな顔で話しかけてきたことが印象に残っている。悪い気はしなかったので、無くなったらいつもそのお店で買っている。

玄米

 これはもうだいぶ昔から続けているのだけれど、普段は白米と玄米を2:1の割合で混ぜたものをご飯にしている。突然花粉症に罹ったとき、何となく玄米を混ぜるようにしたら治ってしまった…という経験があって、その「身体に良い」という思い込みが今も継続しているという感じ。玄米は少し固めでコリコリしており、もはや白米だけだと柔らか過ぎて歯ごたえ(食感)に満足出来ないようになってしまった。特にこの銘柄でないと、という拘りは全く無く、財布と相談しながらその時々で適当に選んでいる。

【玄米】26年度 福井県産 特別栽培米コシヒカリ 5kg 食味検査『極上』 残留農薬なし

意外に効果があるのかも!ストレッチ運動

 ここまでは単純に経口のものを並べてきたけれど、意外に「ぼんやり」に効くのは「運動」なのではないかという当たり前過ぎる結論に至ろうとしている。以前も何かのラジオ番組で「老人の認知症に効果があるのは軽いストレッチで筋肉に刺激を与える事である」と耳にした。がしかし、当然ながら確証はどこにもなく、現時点での気分でしかない。

 以前「痩せマッチョ」にあこがれて福島発條製作所 スタンダードエキスパンダー FX1231を購入した。これがなかなか強力で、バネ5本を全て装着していると全く引き伸ばせない。ぷるぷると永遠に上半身が震え続けるだけで1ミリも引き伸ばせない。今のところ2本減らして3本なら何とか行けるという感じである。その後、続けて腹筋をしたりする。

 これを適当に、もうダメだと根を上げるまでの回数引き伸ばして腹筋して汗をかいてから、ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】を飲む。僕は飲みやすいように豆乳飲料 麦芽コーヒーに混ぜているけど、さりげなく紀文からキッコーマンにブランドが変わったのですね。

 確かに、ストレッチをした翌日は、目が覚めた途端に「あ!脳の接続がいい!」と感じられる場合が多い(ような気がする)。それにしても身体のみならず、色々と面倒な年齢になったものである。